ペット可物件で注意すること

ビル

ペットを飼っている人が賃貸物件を探す場合には、不動産会社とよく話し合うことが必要です。
問題なく動物を飼うためには条件についてよく整理しておかなければなりません。
まず、飼うことができる動物の種類ですが、どこまでの範囲が飼うことができるかを明確にする必要があります。
金魚やカメなどは問題ないと考えがちですが、最低限のマナーとして、室内に入れていいか確認しておくことが望ましいです。
また、飼っている動物の大きさについても確認が必要です。
同じ犬であっても大型犬なのか小型犬なのかで大違いです。
動物のサイズによっては、部屋に付く傷や鳴き声などが違ってきますので問題になりかねません。
敷金についてはペット可の物件は通常よりも高くなる場合があります。
退去時の状況によっては原状回復費用が高くなるためです。
動物によって生じた傷やシミなども元に戻すことが必要ですので、できるだけ入居期間中の使用には気をつけることが必要です。